食事療法で高血圧を緩和しないといかんわ|健康食がキー

医者と病原菌のイメージ

menu

最先端医療が受けられる

カルテをもつ女医

伊丹市の内科の病院は、ほとんどの診療を保険診療で受けられます。風邪などで通院する時の初回の料金は3000円程度です。伊丹市の内科では、一部の診療を自費診療で行っています。エイズ検査は自費検査になり、料金は2500円程度です。

More...

プライマリーセルの治療

複数の薬品

プライマリーセルは、人間や動物の体内組織から採取した初代の細胞です。怪我や病気での治療には、プライマリーセルを用いる方法があります。STAP細胞が一時期話題になったように、ヒトの細胞培養は強い関心が持たれています。こうした重要な実験を縁の下から支えているのが細胞培養であり、プライマリーセルなのです。

More...

Contents

痛風と食事療法

医者と看護師

痛風とは体内の尿酸が結晶化し、ひざや関節に激しい痛みを発症する病気です。肥満や高脂血症であれば痛風も発症しやすいため、肥満を解消することが痛風予防ともなります。食事の見直しや軽い運動がどちらにも有効です。

More...

重視されるポイント

カリウムが役立つのです

食事療法が必要となる病気の代表とも言えるのが、高血圧です。高血圧は様々な原因で引き起こされますが、多くの場合食生活でとる塩分の量が影響しています。その証拠に、東北地方などの塩分摂取量の多い地域には高血圧を患う方が多いのです。塩分摂取量が多いと、血中の塩分濃度を薄めるために血液が水分を取り込むようになり、血管が拡張します。こうなると、血圧上昇の症状が生じてくる訳です。 過剰に増えた塩分を速やかに排出してくれるのが、例えばカリウムです。カリウムは、余分な塩分や水分を体外に出す作用があり、高血圧の食事療法では積極的に摂りたい成分となります。カリウムはバナナやじゃがいなどに多く含まれており、高血圧の食事療法に取り入れると役立ちます。

健康食品の利用も可能です

高血圧の食事療法では、バナナなどの食品を利用する他にもカリウムを効率良く取り入れられる方法があります。例えば、カリウム成分が配合されたサプリメントが挙げられます。カリウムは体の余分な水分を排出する働きをするため、むくみの解消を目的としているサプリメントなどには多く含まれている成分です。従って、こういったむくみ対策の商品を利用してみるのも高血圧改善のための一案となります。 ただ、カリウムは腎臓に病気を抱えている方の場合には、摂りすぎに注意が必要になります。強い排泄作用により、時に腎臓機能に負担を与えてしまうこともある訳です。そのため、サプリメントを利用する場合にも特に体調や検査結果などをチェックしておくことが必要になります。